コンタクト
  • マルチコプターワーク
  • 各自治体協定締結
  • 愛知県警業務提携
  • ドローンスクール
  • CONTACT
上へ戻る
事業内容について

簡易計測

空撮×独自の画像解析で
時間とコストを大幅カット。

計測したい土地の上空をマルチコプターが飛行し、カメラを真下に向けて空撮。その画像を、当社が独自に開発した画像解析ソフトに読み込ませ計測ポイントをクリックするだけで、簡易な計測が可能です。空撮、画像解析の所要時間はそれぞれ5分程度。時間とコストを大幅に削減できます。
空撮画像をソフトに取り込み解析することで、簡単に計測データを算出できます。

コストダウンイラスト

空撮画像のコンピュータ解析で簡易計測。

計測したい場所を空撮。自動車など基準になる物のサイズをコンピュータ上でスケールとして活用することで、およその面積を簡単に割り出すことが可能です。また、例えば交通事故現場を空撮・解析することで、衝突地点の算出などを短時間で簡単に行うことができます。

空撮画像1

遭難者の救出にも威力を発揮。

例えば山岳事故などの発生時、迅速に現場に近づき一帯を撮影することで、遭難者の所在をいち早く確認することも可能です。

空撮画像2
活用例
  • ■ 不動産開発にまつわる土地調査
  • ■ 太陽光発電所等の建設に関する土地調査
  • ■ 交通事故現場の鑑識捜査