ごあいさつ

近づく、撮る、届ける。
あらゆる可能性にズームする
マルチコプター。

無線による遠隔操縦で飛行するマルチコプター。
今、産業や災害調査など、さまざまな分野から注目を集めています。
GPSモジュールやジャイロセンサーによって機体を制御するため、
その飛行は従来のラジコンヘリコプターに比べ
格段に安定しているのが最大の特徴です。
そのため、カメラを搭載し空から撮影する「空撮」で大いに力を発揮。
また正確な位置把握が可能で、
救援物資の空輸などの用途が期待できます。
今後、その活用によりあらゆる分野での作業の効率化、
高精度化が可能になるはず。
マルチコプターラボは、その可能性にいち早く着目し、
「現場で使えるマルチコプター」の研究開発を追究しています。